ティナステリン


Even small things make me happy!
by tinasterin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おばちゃんの弾丸トーク。

 おもしろい小学校の女性体育教師に会った。私が大学で授業を見学している時に、体調不良で一緒に見学していた人。実際の現場の生情報がとても聞けた。エチオピア人の女性でこんなに人懐っこくよくしゃべってくれる女性は彼女が初めてだ。男性社会なので、街をぶらぶらしてるのは、男ばかり。アジスでさえカフェには不思議な程、男ばかり。
彼女は、ひたすらアジスの女性の体育教師に向けての世間の目についての話をしてくれた。彼女は数学の教師から30代後半に体育の教師に転向したらしい。彼女の家系が「肥満家系?」のようで、自分も体重増加でこのままではけないと思っての試みのようだ。

 だが、生徒の前で体操する為、彼女がジャンプするだけでも、皆がクスクス笑うし、親御さん達も太い女性が体育を教えているだけで「見苦しい、恥」だと煙たがるらしい。こんな内容のことを彼女はおもしろ、おかしくひたすら話し続ける。極めつけには、彼女がダイエットの為に自転車を買って通勤時に利用した日の話をしてくれた。「見て、見て、太い女性が自転車に乗っている~!」と町中の人が大笑いだったらしい。大通りの人だけでなく、皆が騒ぐから、小道にいた人達も皆出てきて、「Shame, shame!!」と手をたたいて笑われたらしい。こんな話を彼女はジェスチャーと急ピッチな話口調で面白おかしく話す。 私はあまりにもおかしく、失礼かも知れなかったが、涙を流す程笑ってしまった。彼女はその一日で、自転車を売ることを決めたらしい。「500ブルで買ったのに、300ブルで売ったわよ・・・」ってまるで大阪のおばちゃんのように話してくれた。結局、体育教師になっても自分の体重は痩せないし、世間の目は冷たいし、皆からは笑われるし・・・って困った顔で、でも笑いながら言っていた。今、彼女が大学の講座をとっているのは、キャリアをあげる為だとか。高学年の授業を持つと給料も上がるからだとか。今年で4年目で、今年卒業出来るらしい。4年も自分の学校の休みの時期に、毎日朝から晩までびっしり授業を受けてきたなんて本当に頭が下がる。
 
 やっと、彼女のトークのセンスに圧倒された私の笑いも納まり、そろそろ授業を真剣に聞こうとすると、最後に又極めつけの言葉を放ってきた。私は子供が4人いて、旦那もいるけど、親戚の人とかに「彼女が何故、大学の講座に通っているのか?」と聞かれても、旦那でさえ、いまだに周囲には「自分はよく知らない・・・」って言っているのよって。悲しい話だけど、また面白おかしく言ってくるので、また笑い泣きしてしまった。おかげで、その時間の授業の担当の先生に、私はその授業の後から睨まれている。。。全然授業を見ず、二人で話しばかりして、ずっと大声で笑っていたのだから・・・。ほとんど彼女の弾丸トークでしたが。。。

 しかし、彼女はすごい「おばちゃんパワー」だった。悲しいエチオピアの女性体育教師の現実を、ここまでエンターテイメントに楽しく話せるのだから。。。この国にもこのような豪快な女性が居る事を知れて、嬉しかった。本当に彼女は体調不良だったのかは、謎だが・・・(^^)
[PR]
by tinasterin | 2006-08-29 17:07 | Daily
<< 2度目の失敗。 新居(まだ工事中・・・)   >>