ティナステリン


Even small things make me happy!
by tinasterin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の活動。

 ようやく始まって2週間がたった今、一応毎日、午前中には自分の受け持つ授業がある(セルフディフェンスコース)というだけで、気分的に違う。自分の居場所、責任感があるというだけで、なんか気持ちがいい。

と感じていたら、なんと、またまた驚きの事実が出てきた。

来週から生徒達は「8週間の教育実習」に行くらしい・・・。はあ??

一緒に授業をしている先生から聞いたのだが、先生も突然の知らせだと言っている。
それにしても、毎年の行事なのだろうから、先生も大体は察しが出来ていたとは思うのだが・・・?

この2週間、理論の授業、基本動作の内容の授業から始まった所だが、いきなり来週から8週間程?なくなる・・・。

結局、始まったばっかりの私の唯一の楽しみだった授業も又当分の間、出来なくなることになるようだ。。。

ショック。 というか、ウンザリ。。。

ここ、エチオピアでは、計画性というものがない。大学レベルでもこの調子だから、本当に大変!!

もう自分の活動場所をこの大学を中心にすることは、すでに考えていないので、自由に動くことに決めた。

自由な時間を有効に使う為に、職場では、日本語クラスを開講することにした。最終的に、これが一番反応があるように思ったからだ。来週の月曜日から、登録をスタートさせる。
さあ、何人の人が来るのか?分からないが、大学でぶらぶらして、皆とひたすら話をするだけで一日が終わる生活よりは、マシだろう。。。

ちなみに、大学では、自分のスケジュールでさえ、なかなか立てれないので、待つ、期待することも辞め、学校外での活動を自由にすることにした。

週3回のイタリア語のフリークラスを市内の大学で聴講すること(自分の余暇として)。

これは、気分転換に訪問した有名な大学で、たまたま見つけたフリークラスの案内。
自分はその学校には全く関係内のない身分だが、一度聞いてみたらOKがでたので、イタリア語を習うことにした。 初心者レベルは、エチオピア人の先生。

英語とアムハラ語でイタリア語を学んでいる不思議な環境の中、どこから来たのか分からない日本人が一人、エチオピア人の若い学生と一緒に学んでいる。授業はどんどん進む。80以上の民族が暮らすエチオピア人にとって語学を学ぶことは易しいようで、私はすでにアップアップしている。が、今の所は新鮮で楽しい(^^)。

自分の活動としては、市内の体育館で、子供へのKENDO レッスンをボランティアで行うこと。
この計画は、ゆっくりではあるが、進んでいる。
[PR]
by tinasterin | 2006-11-19 16:40 | Daily
<< もうすぐ5ヶ月目・・・。 新鮮な空気。 >>