ティナステリン


Even small things make me happy!
by tinasterin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

クリスマスの前日。

 クリスマスに向けて、街はにぎわっている。道路では新年と同様、両手に鶏の足を持ち逆さづりにして、まるで買い物袋を持っているかのように普通に歩いている人や、バスに4本の足を縛った羊と一緒に同乗してくる、ひどい時にはバスの隣が羊という時もある(臭いし、たまに目が合うのも嫌だ)。
 今日は、家の大家も羊を連れて帰ってきた。嬉しそうに、大きいだろうと自慢げに言っている。夕方、部屋で読書をしていると、私の家の目の前、部屋から見たくなくても見える場所で、羊の解体のみにどこからか連れられてきた人が、羊の解体を始めた。。。

 大家はその目の前にイスを置き、一部始終を嬉しそうに見ている。。。どんな心境なのだろうか?この国では羊の解体は一般家庭で普通に行われているのだが、生きているものを殺す、それを間近で普通に見ている心境はいったいどうなっているのだろう??今日はその事をこの大家に聞くことさえ嫌だった。話もしたくなかった。

 大家は嬉しそうに、私の名前を呼び、「出てこい、出てこい!」と叫んでいるが、出ていかなかった。辺りが暗くなり、明かりがいるらしく、「電気をつけて、カーテンを開けてくれ」と外から弾んだ声で叫ぶ声がする。カーテンをそ~っと空けると、目の前の大家の家の屋根から紐で宙吊りにされた解体後の羊がぶら下がっていた・・・。嫌がる私を見て大家は嬉しそうに笑っている。。。

 もちろん私も牛肉、豚肉、鶏肉、たま~に羊肉を食べている。人間が生きる為に必要なことだとも分かる。でも、一般家庭でこのようなことが行われ、それを平気な顔でやっているという事に対しては理解出来ないし、それを一部始終見ているのなんて考えられない。習慣だから、平気なのだろうか?泣きながら抵抗しているものを殺し、辺りは血みどろになっているのだ。。。
人間は、とても恐ろしい生き物だと思った。ここの羊達はどんな目で人間を見ているのだろうか?

 ちなみに、エチオピアは、生きている羊を殺し、食物にしだしたアフリカで最初の国らしい。。。
だから、エチオピア人であることを誇りに思っているこの国の人達は、いまだにこの伝統的な行事を好んで行っているようだ。
[PR]
by tinasterin | 2007-01-08 16:32 | Daily
<< それぞれのものの感じ方。 2007年、明けましたよね!? >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
コレステロールは悪くない!?
from コレステロールの気持ち
cheap airlin..
from cheap airline ..
ナイキのバスケットボール..
from ナイキのシューズ・スニーカー
alessandro c..
from alessandro ces..
periodo edo
from periodo edo
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧