ティナステリン


Even small things make me happy!
by tinasterin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

海外生活の長所。

最近、運動不足だ。
体育の教師といえども、結局は自分が運動をすることはあまり出来ない。

週に2回の剣道指導は、順調に続いてはいるが、結局自分達の運動量は殆んど確保でき無い。
せっかく防具も数個持ってきたので、自分達も汗を流そうという事で、今週からは週に1度、自分の配属先の体育館で「剣道」をすることにもなった。

最近は週に1度のアメリカ VS 日本 のソフトボール大会があり、それにも参加している。

結局、週に3~4回は、日本人とのスポーツ交流があり、その後は運動した御褒美だと口実づけて安い生ビールで乾杯の日々。

年齢も出身もバックグラウンドも全く違う人達が、ただ日本人でエチオピアに滞在しているという事のみがキッカケで、交流が出来るのはおもしろい。

これは、海外で生活している長所なんだと最近思う。

時間とお金の余裕があるからこそ、余暇を楽しもう、楽しみたいと思える。
エチオピア人には、時間はあるが、金銭的な余裕はないので、なかなかこのような状況はない・・・。

海外の長所と言えば、「日本の良さ、素晴らしさ」を振り返り、実感出来ると言うことだと思う。
なぜ、日本にいて感じることが少ないのだろうか?

 ・日本人のみの単一社会では、考えるキッカケがない事。
 ・物が豊富にありすぎる事が当たり前になってしまっている事。
 ・当たり前の状況が無くなった時に初めて、その良さを実感するという事。
 ・毎日が忙しすぎて、そんな事を感じている暇がない事。
 ・多民族国家でない日本では、毎日の生活の中で他の人種と比較することの必要がないとい  う事。
 ・日本の教育にも問題があるという事
                                   等、色々考えられる。

日本にいても、海外生活を経験していなくても、きちんと日本の良さを実感している人もいるが、自分は海外への興味はあったが、日本について学ぶ事への興味はあまりなかった。

が、結局、海外に出て外国人に聞かれることは、日本のことなのだ。もっと勉強しとかなきゃ・・・って思うことが多々あるし、恥ずかしくなることも多々ある。

最近は、日本語クラスで日本語を教えていることが、日本を振り返るチャンスになっている。

ちなみに、83民族以上の民族が共存するエチオピアでは、自分達の民族に対する誇りが強く民族によっては、大きく差別もみられ、大学でも、やはり出身地によって行動をともにしている事が多いようだ。
私達日本人には到底理解できないような根深いものがありすぎる。。。

日本の四季や、食生活、家族、友達を恋しく思うが、日本の忙しい生活には戻りたくない。2ヵ月後に帰国を控えた先輩隊員が、帰国を恐れている気持ちがなんとなく分かる。

自分にはまだ先の事だが、半年後の今でもそのことを恐れているのに、1年半後は、もう重症の症状に陥ってそうだよ・・・。
[PR]
by tinasterin | 2007-01-20 00:27 | Daily
<< 反省。 それぞれのものの感じ方。 >>