ティナステリン


Even small things make me happy!
by tinasterin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

家探し(Finding a house)

毎日、ミニバスに乗って、出歩きまわり、やっと見つけた家。
エチオピア人の大家さんの家族がいて、その後ろにある建設中の家を貸してもらう事に交渉中でした。 が・・・、色々な面からみてもエチオピアでは上流階級の位の大家さんFamilyでさえ、色々とその建設中の資金面では苦労しているらしく、話も難航してきました。

結局、JICAの最終のセキュリティチェックをパス出来ず、また一から出直さなければならないようです・・・。トホホ・・・。本当にこれには、かなり疲れます・・・。

大家さんの家族とも仲良くなって、毎日のように連絡があり、熱いラブコールがあるのですが、どうしても彼の家の全ての窓に鉄格子をつけないと、セキュリティチェックはパスできないので、契約する事は出来ないし・・・。これは仕方が無い事なんだろうけれど、やっぱりエチオピアに来たばかりの私達に、こんな大事な交渉をさせるのはおかしい!!

文化も国民性さえも、まだ分かっていないのに、どのように判断しろというのか??

大家さんにこの鉄格子の話をすると、「そんな全ての窓に鉄格子をつけるなんて、まるで君を牢屋にでも閉じ込める事になる!!」って言われるし・・・。

話をしていて、大家さんの言い分も分かったし、セキュリティがとても大切な事もわかる。

結局、この家はダメでした。

また一から出直します。。。
来週から仕事先にも行くつもりだし、早く住むところ、見つけなきゃ・・・。
[PR]
by tinasterin | 2006-07-28 21:22 | Daily

赴任先へ挨拶(Greeting to the woking place)

昨日、赴任先に挨拶に行った。
こっちに来てから、何をするのも他の日本人の人達と一緒に行動しているので、一人での職場訪問はかなりドキドキした。 
学部長にアポイントまでに、約2週間かかるなんて。。。
本当にエチオピアンタイムなんだから。

感想。
どこの国に言っても、体育関係の人はごっつくて、少しおっかなかったです。。。
体つきから、迫力満点でした。
学部長と体育部長の方は、話し出すと、フレンドリーな人達のようでしたが・・・。
いよいよスタートするんだという緊張感いっぱいの時間でした。
いきなり「来週から、新学期が始まる」って言われ、またまた驚きました。
夏の強化コースとかがあるようです。
外国人の先生も今は私一人のようです・・・。

こっちに来て、もうすぐ1ヶ月が経ちますが、酸素の薄いここ標高2400mの土地は、なかなか手ごわく、少しでも水分の摂取量が減ると、まだいまだに頭がぼ~っとしてきます。

少しづつ体も適応しようと頑張ってくれてはいますが、十分順応するには2.3ヶ月かかるのが普通のようです。

周りの皆も、毎日ひとりずつ体調を崩しながら、抵抗力をつけています(^^)。

私の本格的なスタートは、9月からの予定です。予定は未定ですが・・・。
今日は今から、ついに探し当てた家の物件を、セキュリティーの係りの人にチェックしてもらいます。これをパスしたら、家探しからは解放されそうです。。。
[PR]
by tinasterin | 2006-07-26 19:30 | Daily

コーヒーはピカイチ(Coffee is so nice!)

私の大好きなコーヒー。
ここエチオピアは、コーヒー豆が発見された国です。
コーフェか、カーフェかあいまいですが、エチオピアのある地域で発見されたのが、コーヒーの起源だとか。
どおりで、どこのカフェに行っても、コーヒーはとっても美味しいです。もちろん安いし。
他のアフリカでは、ほとんどインスタントのコーヒーが当たり前に出るらしいですが、エチオピアはコーヒーだけ?は、世界に誇れるものの一つのようです。

でも、まだここの生活文化のひとつでもある「コーヒーセレモニー」は、まだ体験できていません。やはり、都会であるアジスでは、のんびりとこのセレモニーを楽しむ習慣はなくなりつつあるのでしょうか??

エチオピアではまりそうなもの。
 ・コーヒー
 ・エチオピアンダンス(各民族によって、ダンスが違ってとても興味深そう!)
 ・エチオピアンミュージック(演歌に似ていて、なんか懐かしい匂いがする) 
 ・路上での靴磨き
 
路上にはただ物乞いだけをしている人、靴磨きをしてお金をもらっている人と、ティッシュやガムなどを売りつけようとしてくる人がたくさんいます。

今は雨季の為、毎日ドシャブリの雨が降り、靴もズボンもドロドロになるので、よく靴磨きを子供たちにしてもらっています。1回、1ブル=14円ですが、本当に一生懸命にきれいに磨いてくれます。私はまだアムハラ語が出来ないので、ほとんどコミュニケーションはとれてないけれど、これが私の毎日の小さな楽しみでもあります。

ここの雨季の雨は、おそろしく激しい。時には氷のようなものが降っています。
だから、当たるとと痛い!
アジスから少しだけでも離れると、木々や藁で作られた家があります。
これがエチオピアの普通の家です。アジスだけが別格なだけのよう。
そこで生活をしている人達は、この雨をどのようにしのいでいるのだろうか??



 
[PR]
by tinasterin | 2006-07-24 19:25 | Daily

収録してきたよ~。

今日朝から、ETV(Etiopian TV)の収録、してきました。
2回、3回と日程と時間の変更があり、ようやく収録出来ました。
行けば、エチオピアンタイムなので、もちろん待たされる事は当たり前。
スタッフの方にスタジオにつれて行ってもらうと、子供達が10名ほど待っていました。
子供達とラジオ体操をやるということに、突然なっていました。
私と提案者の方(番組をいつもされている方)が前で体操し、道端にいる子供達とは身なりから全く違う賢そうな子供達が、一緒にバックで、見様見真似で体操してくれました。
 本当に、まだ、アムハラ語も全然話せない私が、数字のカウントと体操だけで子供達と一緒に収録をなんとか楽しく終えました。
子供達の多くは、英語が分かったようですが・・・。(おそらく私立の学校の生徒達でしょう)

 どんな風に撮れたのでしょうか?? こんなんありなんでしょうか??

日本で言ったら、教育番組の体操のお姉さんみたいな感じでしょうか?
ラジオ体操が終わったら、「時間が少しあるので少し違う運動もやって」と突然言われたので、ストレッチを軽く強引にやりました。それもその時に流れた音楽は「ラジオ体操の音楽」ですよ!。

かなりおもしろい事になってそうです。今週の週末にon Airされるらしいので、どんなことになっているのか楽しみにしてます(^^)。

何はともあれ、1回限りになる可能性が大ですが、良い機会を得られて感謝でした!!

                アムセッグナッロ(ありがとう)

 
[PR]
by tinasterin | 2006-07-20 17:48 | Daily

ETVに出演!?

 いきなりですが、日本人(元協力隊員)にお会いし、自分の自己紹介をした後、自分の職種を紹介したら、ラジオ体操できる??って聞かれました。
「はい」って返事をしたら、二言目には「テレビに出ない?」って言われました。よく分からなかったのですが、一応、「はい。出たいです!」ってまた即座に返事してしまいました。
 ちょっと冗談かな~って思っていたんですが、後日にもう一度連絡を頂き、朝の教育番組の次の収録は「ラジオ体操」に決まったから~と報告を頂き、さっそく来週TV局で収録することになりました(^^)。

 かなり笑かすでしょ~。いきなり、TV出演ですよ。評判が悪ければ即、却下らしいですが・・・。

一応、チャンスとしてもちろん張り切ってやるつもりです。どんな服装がいいかな~?

言葉は、日本語の「1・2・3・4」のカウントと、アムハラ語の「アント、フレッド、ソスット、アラット」を適当に繰り返すだけのつもりです。

練習は、提案者の方(日本人でアジス在住)と約3分ほどしました。
こんな感じで、結構なんでもOKのような印象を受けましたが、かなりドキドキします。

仕事する前に、TV出演ですよ。 彼女が言うには、日本で出来ないことが何でもチャレンジできる場所がここだとか。

来週の火曜日、収録の予定です(^^)。 ひそかに応援しておいてください。
[PR]
by tinasterin | 2006-07-16 02:54 | Daily

エチオピアでの生活。

ここエチオピアの私の生活。
毎日、朝食を作り食べて、JICAの事務所まで約20分歩いていく。
午前中の3時間は、「アムハラ語」のお勉強の時間です。その後、近くのレストランでランチして、そこら辺をブラブラと歩き回ってドミトリーに帰る。
あとは、自由に好きなことをしているといった感じ。一日ってこんなに長かったんだ~って再確認できます・・・。仕事は9月からが新学期のため、今はここでは、ここでの生活に慣れることと家探しに明け暮れています。

今のところ、ここエチオピアは、危険な雰囲気はあまりしない。アフリカでも一番安全な場所らしい。エチオピア人は、真面目でおとなしい印象を受けます。
黒人さんだが、顔が小さく体も他のアフリカの人達と比べると細く華奢な人が多い。
だから、あまり威圧感がない。

たまに、エチオピア人ではないアフリカの人を見ると、目も口も鼻も大きくて真っ黒なので、威圧感を感じてしまうが、エチオピア人は、アラブ系、インド系の目鼻立ちが整った顔で、子顔の人が多いので、自然に感じれている自分がいる。

一番危ないのは、道路の横断時。道路にはもちろん信号はなし。毎日首を左右に振って、周囲の安全を確認したら、即座に道路を横断しなければならない。車は人を見ても止まってくれないし、どちらかというと、加速してくるぐらいだ。 昔、子供のときにゲームウォッチでよく遊んでいた「道路横断ゲーム」を実際に毎日やっているかのようだ(^^)。リアルゲームなので、真剣ですが。。。

道路にはミニバン(公共の乗り合いバス)が大量に走っていて、行き先を大声で叫びながら、客を集めようとしています。私も、毎日どこか少し遠くに行く時は、これに乗って移動しています。値段は、1ブル=14円。かなり安い。

Cityバスもあるが、これには恐ろしいくらい毎日ギュウギュウ詰めに人が溢れて乗っている。ミニバンよりも半分くらいの値段のようだが、私たち日本人は事務所から危険だし、スリも多いので乗る事を禁じられている。エチオピア人は、これを毎日利用するのが主のようだ。

あと、ジブチ方面に走っている鉄道もあるが、たまに爆破するときがあるらしく、この利用も禁じられている。 ありえない事のようだが、ここはありえない事がありえる所です。

こんな感じで、毎日色んな人の様子を見ながら、毎日じろじろ見られて、「チャイナチャイナ!」と叫ばれ、ゆ~っくりとした生活をしています。

ご飯は、お昼はハンバーガーかパスタかインジェラ(エチオピアン料理)かがほとんど。

ちなみに、こっちのビールは大衆食堂で1.4ブル=約20円ですよ!!。
しかも生ビール。 そして、美味しいんです。
BUT, ここでの飲酒は2倍効きます。節約には丁度よいかもです(^^)
[PR]
by tinasterin | 2006-07-14 19:31 | Daily

今日から家探し。

今はJICAのドミトリーに住んでいるだけれど、そろそろこれから住む家を各自がブローカー等にお願いして探さなくてはならない。今回の隊員は同期だけでも13人もいるので、家探しが大変そうだ。最近、アジスの物価は上昇しつつあるらしいので、良い条件の家を探すのはかなり大変になてきているらしい。 オリエンテーションも終わり、午後から暇をもてあましているので、早速今日からブローカーにお願いして良い物件を探す予定です。それにしても、来て早々の隊員に家を探さすなんて、かなり無謀なことと思いませんか??先輩隊員の方からのお話を聞いていると、仕事面でも色んな難しい事があっても、自分自身で根気よく続けていくしか解決法はないような状況らしいです。。。 
 先週、自分の行く大学をぶらっと見学してきました。感想は、「大きくてきれい!」。これがエチオピアの学校か?と思うくらい立派な建物で、大きすぎてすべても見ることが出来ませんでした。かなり伝統ある学校であることが、学校の趣から感じられました。体育館もグラウンドも外にはバレーボールコートもありました。エチオピアのほとんどの学校にはもちろん体育館はないのですが、大学だけにはあるという状況で、その何もない現実の中で先生になる人にどんな授業をするのが一番よいのか?考えることがこれからの課題になりそうです。
 アジスは、エチオピアの首都ですが、エチオピアでは外国のような存在の場所です。でも、そのアジスの中でも、貧富の格差がありすぎるようです。学校にいけない人があふれている。そして、一つの学校には4000人も5000人も生徒がいるが、教師は少ない状況らしい。
 本当に、これから驚くことがもっともっとありそうです。 
PS.ここエチオピアは今1998年らしい。西洋の暦とは7~8年遅れがあるらしい。それもエチオピアンカンレンダーを使っているからとか・・・。ということで、若返ったと思って、楽しみます!

 
  
[PR]
by tinasterin | 2006-07-11 20:07 | Daily

エチオピアンたいむ?

ここ、エチオピアは伝統ある国なので、エチオピアだけで使われている文字、言葉、時間など、独自のものが多いです。アフリカでは、唯一という事が多く、ここアジスアベバはアフリカという感じが全然しません・・・。おそらく、これからもっと驚く事があると思います。 
20日間のみ、午前中「アムハラ語」を習っています。文法は難しくないけれど、発音は難しいし、相手の性別により言い方が変わるので、覚える事が多すぎて、もう訳がわかんらなくなりつつあります。 おそらく、私は授業ではこの「アムハラ語」は使わないが、生徒は生徒同士の会話をアムハラ語で話すらしいし、地元の人も普段の会話は、アムハラ語なので、少しは理解出来るようになると、生活度がかなり変わると思うので、少しは覚えてみます。

毎日、道路には物乞いの人が多く、「マネー、マネー」と手を出してくる人、ティッシュを売りつけてくる人(主に子供)、靴磨きをしている子供たちがいて、アムハラ語で言葉をかけてくるが、何を言っているか全然分からない。エチオピアでは、英語だけでは生活を十分に楽しめないようです。
嫌な事は、よく「チャイナ、チャイナ」って言われることと、空気が悪すぎること。

道路を歩いているだけで、ここでは色んなものを見れます。
大勢の人と大量の車と荷物を運ばされているロバと集団で群れを作って歩いているヤギが普通に道路を通行してます。

 想像出来ますか??何でもありの国ですよ。 毎日、色んなことが起き、ネタが豊富です。
 
最後に、エチオピアンたいむについて触れます。
面白い事に、時間もエチオピアン時間があり、朝の7時がエチオピアでは、エチオピア時間の始まりで1時になる。12時間制をとっていて、夜の1時からまた12時間が始まります。
ということで、日本と6時間の時差があるので、エチオピアン時間は、日本時間と同じで、日本人には分かりやすいので、いいんだけれど・・・。



 
[PR]
by tinasterin | 2006-07-07 00:03 | Daily

さっそく、体調不良。

先輩隊員が、新隊員歓迎会をドミトリーで開いてくれました。
おにぎりと肉とビールをいっぱい頂いたのですが、次の日腹痛で目が覚め、数名の隊員の方と早くもエチオピアの病院に行ってきました。
 やはり食あたりでした。初めてのエチオピアの病院に、かなりドキドキしましたが、エチオピアのお金持ちの方しか通えない病院という事で、施設はまあまあマシでした。
 診察してもらい、検便し、費用は日本の500円くらいでした。
  
 それにしても、来て早々、すぐに息は上がるし、周辺の空気は排気ガスでかなり汚れているし、デジカメは取られるし、食あたりにはなるしと、悪い事だらけです。。。

 周りはもちろん黒人さんだらけで、本当に私達はどこにいても目立ちます。
 
 いったい、この国が好きになれるのでしょうか??

でも、心配無用です。食あたりは、日曜日に一日ゆっくりしていたら、薬を使わず自力で復活しました。今まだ少し時々お腹は痛いけど・・・。
 
        まあ、ぼちぼちやります。

PS.ホットメールが重たくて、こちらでは全然開けません。ので、ヤフーのサイトにアカウントを取ろうと思います。 
   あと、こちらは日本時間よりもちょうど6時間遅い時差があります。
 
[PR]
by tinasterin | 2006-07-03 22:11 | Daily

エチオピアだよ、ここは。

無事、3日前に着きました、ハプニングは色々ありましたが、命は無事なので、まずはよしとします。。。ここアジスアベバは、都会です、排気ガスが多くて、かなり空気は悪いです。今はJICAの事務所に日本人全員で暮らしています。一応ここに1ヶ月は滞在することになります。その間にそれぞれが住む場所を探さなくてはなりません、
どうなることやら。。。
 エチオピアの第一印象は、人が多すぎるという事と意外に必要なものが何でも手に入るということです。気温は少し肌寒く、長袖でちょうどよい感じです。今は雨季なので、超大量のドシャブリの雨が毎日短時間のみ降っています。

今日は初ネットカフェデビューです。日本語が使えて驚きました!!それにしても、バイト数が低すぎて、超時間がかかります。気長になりそうです。。。
[PR]
by tinasterin | 2006-07-01 18:03 | Daily